キャッシングカードローンのことならキャッシング@カードへ。

キャッシング > 特集 > 相談窓口

相談窓口は、暴力や脅迫による取立てを受けているなど、緊急の場合110番通報をしてください。

法外な金利を取られたときは、警察署の生活安全課に相談してください。

Point立証する証拠!

立証する証拠を残しておくことも必要です。お金のやり取りを記載したメモ、業者とのやり取りを録音したテープなど証拠になります。

警察で解決しない時は弁護士に相談しましょう。

Point弁護士に相談するメリット!

  1. 取立てがストップする
  2. 返済義務がない事を主張できる

弁護士が依頼を受けると、はじめに介入通知を送付します。

介入通知を受け取った後、業者は本人や家族に直接電話したり、取立てができなくなります。

出資法違反の契約に返済義務がないことも主張できます。個人でも主張できますが、弁護士に任せた方が安全です。

知り合いに弁護士がいれば、知り合いの弁護士に。知り合いにいなければ、弁護士会法律扶助協会が相談センターを設置しています。

法律扶助協会は、専門家の援助を経済的理由で依頼できない方のために、法律相談、手続費用の立替え(審査有)、弁護士・司法書士を紹介しています。

被害者の方は、精神的に追い込まれる前に早めに相談しましょう!

ページTopヘ

Copyright©2006-2014 キャッシング@カード.All rights reserved.